アンティークの似合う暮らしーDrawer

英国 アンティーク Drawer オーナー ささきひとみ Official Blog

*

アンティーククイズ ・Vol1の答え

      2015/08/16

英国・コッツウォルズより、こんにちは!

昨日の写真のアンティークは、何でしょう?・・・いろいろ想像は広がりましたでしょうか?

答えはこの記事の最後に!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎週1回、日本時間の水曜日に、新着商品を入荷しております。

こちらの写真は、新着商品でアップ予定のお皿6枚セットです。

ヴィクトリア時代後半、1800年後期のお品です。

001

ミントンブルーのような、ターコイズの目の覚めるような青い色ですが、こちらは、ミントンのお品ではなく、

ビショップ&ストニアーというあまり知られていないメーカーのお品です。

実は、日本で知られている陶磁器メーカーはほんの少しで、ヴィクトリア時代には、星の数ほどの陶磁器メーカーが生まれては消えていったのです。

英国の中で、陶磁器を作るのにとてもよい土の取れる土地、ストークオントレントには、何百もの数の陶磁器メーカーがありました。

003

ビショップ&ストニアーもその中の一つなのです。

1891年に創業、1933年には、ジョージジョーンズに買い取られました。

・・・ジョージジョーンズもあまり聞かない名前かもしれないですが、英国の有数の美しい磁器を作ったメーカーです。

001

お皿の絵柄を見ますと、絵柄の線はうっすらと印刷で跡が付けられており、その上から手描きで描かれています。

まだウェブサイトには掲載しておりませんが、こちらのお品にご興味ある方は、メッセージくださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・・そして、最後に、昨日のクイズの答え〜〜を。

バターディッシュかしら?と答えてくださった方がいましたが、近いかな?・・・でも正解ではないです。

001

ショートケーキみたいな形でしょう。

答えは、チーズ入れでした~!!

ヴィクトリア時代の人たちは・・・現代の人たちもだけど・・・チーズが大好きで、それぞれの地域で、その地域独特のチーズがたくさん作られました。

今でも、その土地の名前の付いたチーズが売られています。

今のように、小さく小分けにして買うのではなく、大きな塊として購入していたので、

異常!に大きなチーズ入れが必要になったのですね。

今ですと、3種類くらいのチーズを並べてしまっておけそうな、大きなチーズ入れです。

こちらのチーズ入れは、英国人のパートナーの家族から受け継いだ品です。

それでは、また明日〜🎵

 - アンティーククイズ , ,