アンティークの似合う暮らしーDrawer

英国 アンティーク Drawer オーナー ささきひとみ Official Blog

*

素焼きのフラワーポット・ウィッチフォードポタリーへ行く!

   

英国・コッツウォルズより、こんにちは〜🎵

英国のお庭に憧れて、私も英国にやってきたうちの一人。

なにがそんなに魅力的なのだろう・・・と考えると、植物だけでなくて、その周りにある建物だったり、置いてあるものだったりが、

ずーーっと長く使われていたり、何百年も経ったまま、そこにあったり、そういうところが魅力なのだろうと、つくづく思います。

IMG_3621

日本でも作られて、よく使われている素焼きの鉢植えですが、

英国でも、すてきなお庭では、とても上手に素焼きのポットが使われています。

その素焼きのポットを作っている工房へお邪魔してきました。

写真は、工房でポットを作っている職人さんの様子。

こちらは、とても有名な、コッツウォルズの中の小さな村の中にある、ウィッチフォードポタリーです。

IMG_3630

家族経営で続いているこちらのポタリーの工房は、どこか懐かしい雰囲気のある建物です。

IMG_3622

建物すべて、ウィッチフォードポタリーを始めた、オーナーさんが作ったものだそうです。

この工房は毎年訪れるのですが、ここの場所に流れる空気が好きです。

もしも、今のお仕事をしていなくって、どこで働きたいか選べるのならば、この場所は、リストのかなりトップに入りそう!

人々が温かいです。

IMG_3618

こちらの工房では、粘土作りから始まって、ポットの形を作る人。模様をつける人。ポットや焼く人・・・・。仕事が分担されています。

写真は、よく見ると、ネコちゃんの模様が🐱

オーダーメイドで、さまざまな形や模様のポットを作っています。

IMG_3623

こちらは、まだ焼いていないポットたち。

ウィッチフォードポタリーで作っている粘土は、英国各地から集められた数種類の土を混ぜて作られています。

この粘土で、寒い冬でもヒビが入ったりしない、とても強いポットが出来上がるわけです。

IMG_3619

毎年行って、同じ風景なのに、いつも、何枚も写真に収めて帰ってくる風景・・・・。

ポットに模様をつけるローラー。

いろいろなパターンがあって、楽しい!!   この並んでいるところが好き。

IMG_3627

この並んでいるのは、スタンプ!!

ポットに最後につけるスタンプです。

私が扱っているアンティークのカップ&ソーサーと一緒で、ちゃんとバックスタンプがあります。

こんなにたくさんのスタンプがあるのですね。 手作り感がなんとも言えません。

いつも、また来よう!と思って帰ってくる場所なのです。

 - ガーデン ,