アンティークの似合う暮らしーDrawer

英国 アンティーク Drawer オーナー ささきひとみ Official Blog

*

小さなティーケトルと大きなティーケトル

   

英国・コッツウォルズより、こんにちは〜🎵

タイトル、絵本の題名みたいですね。  

955

ティーケトルは、英国では、使われることのない道具となってしまいました。

写真のティーケトルは、大きい方が、ヴィクトリア時代のもの、小さい方が、エドウォーディアン時代のものです。

こうやって並べてみると、スタイルの違いも面白いですね。

大きめのティーケトルの方が主流なので、小さい方を見つけた時は、英国人ディーラーさんの前なのに、『かわいい〜〜💕』という言葉を発してしまいました(笑)

なかなか見ない大きさです。 

892

いつも、ティーケトルを見ると、昔の英国人は、なんて優雅な紅茶の時間を楽しんでいたのだろう、とつくづく思います。

だって、こんなにキラキラ、ゴージャスなもの!がテーブルにあったら、それは優雅な雰囲気になるでしょう!

アンティークディーラーとしては、ディーラー泣かせ!?の品物でもあります。

905

それは、結構、細かくチェックしなければならない部分がたくさんあるから。

見た目は美しくても、実際に使えるかどうかを見ると、バーナーの部分が壊れていたり、キーの部分が取れてしまっていたり。

なかなか、たくさんのチェック項目をパスするものは少ないのです。

908

(・・・私がだいぶ・・・写ってしまっていますね・・・・シルバーの品って、本当に難しいです。私を消したい・・・・笑)

写真は、ティーケトルとティーカップ&ソーサーが写っておりますが、

ティーケトルから紅茶は入れませんね。

ティーケトルは、お湯を常備しておく道具です。

バーナーで、お湯を温めておいて、紅茶を入れるティーポットに注げるをいつでも準備しておけます。

895

よく、お湯を沸かせますか?という質問を受けますが、

小さなバーナーですので、お水から沸かすのには時間がかかってしまいます。

沸かした後のお湯を注いで置いて、保温をするためにバーナーを使うとよいと思います。

ウェブサイトのページはこちらです🎵

ヴィクトリア時代の大きなティーケトル

エドウォーディアン時代の小さなティーケトル

 - シルバー ,