アンティークの似合う暮らしーDrawer

英国 アンティーク Drawer オーナー ささきひとみ Official Blog

*

究極のアンティーク・モートスプーンコレクション

   

英国・コッツウォルズより、こんにちは〜🎵

『モートスプーン』・・・アンティークの世界で仕事をしていても、このスプーンのことは知りませんでした。

もう数年前になりますが、実は、日本の方からこのスプーンのことを聞きました。

おそらく、英国人に聞いてもほとんどの方が知らないと思いますし、

アンティークディーラーさんでさえ、知っている方は少ないかもしれません。

DSCF1760

『究極』・・・というのは、このスプーンは、1770年以降は作られていない、というところです。

モートスプーンであれば、どれも、1770年代以前に作られたもの。

これだけ、ぴったりと作らなくなった、というものも少ないだろうと思います。

DSCF3385

今回ウェブサイトにアップした6本のコレクションは、1720年から1760年に作られたものです。

並べてみると、初期のものほど、シンプルな造りになっており、

だんだん技術も発達してきているのがわかるように、新しいものになると、装飾もとても凝ったものになってきます。

DSCF3374

今年の3月に、東京の日暮里の紅茶教室・『Cha Tea』 さんへ伺った時のこと。

お家&お教室の中は、”ここはイギリス?”と思わせる、インテリアで感動でした。

その英国のインテリアの中に、たくさんのティーカップ&ソーサーや紅茶道具が並ぶ中、

壁の片隅に飾られていた『モートスプーン』を見つけました!

DSCF3568

モートスプーンのコレクションが、きれいに飾られていました!

さすが、紅茶のことをお勉強するためのお教室ですね。

このCha Teaさんのモートスプーンのディスプレイを見て、6本のコレクションも額縁に入れて飾ったらいいだろうなあとイメージしました。

額装はしていないのですが、イメージとして、

アンティークのフレームの中に入れて、写真も撮ってみました〜!

DSCF1761

並んでいるモートスプーン、圧巻ですね。

美術館にあってもおかしくない、透かし細工がとても美しいスプーンたちが揃っています。

メールマガジンでも、モートスプーンについて書いております。

毎週、アンティークのことや、コッツウォルズでの生活のことを書いておりますので、ぜひ、登録してみてくださいね〜。

登録はこちらから・・・http://drawerhome.jp/?mode=f7

(メールマガジンへの登録は、お名前とメールアドレスのみの簡単登録です!)

 - シルバー , ,