アンティークの似合う暮らしーDrawer

英国 アンティーク Drawer オーナー ささきひとみ Official Blog

*

阪急英国展で選ばれたティールームに行く!!

   

英国・コッツウォルズより、こんにちは〜🎵

本当に、うそではなく!

ここ3年、ふと立ち寄ったティールームが、連続で、阪急の英国展に選ばれていて、びっくり!! なのです。

たまに阪急英国展の担当をされている、有名な桑原さんのブログを拝見しております。

ブログでは、イギリス全土を駆け巡っておられて、私の知らない場所や、行ったことがあって写真だけで場所が分かることもあったり、楽しい。

このティールームを探している記事もありましたが、もちろん、秘密で動いていらっしゃるので、そこはうまく、

どこだかはわからないように、お写真が掲載されていました。

でも、私には、どこか見たことがある〜〜・・・・けれど、どこか分からない〜〜というなんとももどかしい感じで。

どこなのかしら?  きっと、近くだけれど、でも、それほど近くではないコッツウォルズ??? と思っておりました。

以前から、外から見ていて、可愛らしいティールームね〜〜とは思っていたので、今回初めて入ることにしたの。

それも、本当にたまたま。

家からは1時間以上かかる場所で、この街にアンティーク屋さんがあるので立ち寄りました。

そしたら、なんと1年以上前にアンティーク屋さんは閉店していて、それで、時間を持てあまし、ティールームに立ち寄ることに。

でも、このティールームに立ち寄る前に、パートナーのマーティンが美味しいコーヒーが飲みたい、ということで、コーヒーが美味しい方の
カフェに行こうとしたら、そこもその日はお休み!

それで、このポーリーティールームです。 

真っ白なシワひとつないテーブルクロスが印象的。

入り口の戸棚に綺麗に畳まれたクロスが!

中に入ると、ロイヤルなお写真がたくさん。

中に入ってみて、なんとなく、ぴ〜〜ん、ときて、携帯で、ポーリーティールームとサーチしてみたら、やっぱり〜〜!

阪急デパートのページが最初に出てきました。

これが、昨年も、一昨年も同じような感じで、なんだか、不思議です。

ちょっと怖くて、食べる気にはなりませんでしたが、レインボーケーキ、流行っていますね。

娘なら食べたいと言うかも。

食べている人をいつもあまり見ることはないけれど、ティールームによくある巨大なメレンゲ。

私はだーいすきなのですが、ティールームでこれを上品に食べる自信がないので、家でしか食べません。(かなり、ボロボロする)

ピンク色もあり!

私は、今日のスープ(ブロッコリーのスープ) と ヴィクトリアスポンジケーキを食べました。(写真なし)

スープは、とても繊細な味で、なかなか美味しかったです。英国のカフェやティールームのスープは美味しいことが多いけれど、

ここのは、その中でもかなり美味しい方でした。

ケーキも美味しかったですよ。キメが細かなスポンジでした。

キャサリン王妃がカレッジ時代に通ったというティールーム。

この写真の柱の後ろに隠れてしまっているのですが、キャサリン王妃が通っていたマルボロカレッジの制服を着た娘さんとお母様のようでした。楽しそうにおしゃべりをしながら、お茶の時間。

キャサリン王妃もこんな風に、すてきなお茶の時間を過ごしていたのかしら〜〜。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうすぐ日本に参ります。

東京のお話会のお席はあと数席残っております!!

東京、大阪、奈良、小田原、香川でも行います。

奈良は、こちらのページからお申し込みくださいませ。
(昨日、リビング新聞に掲載されたばかりです!)

奈良リビング・ 英国コッツウォルズの暮らしとアンティーク講座
http://www.naraliving.com/sanka/sanka_main.html?id=752

他のお話会のお申し込みはこちらから〜⭐︎⭐︎⭐︎

 - 毎日の生活 , ,