アンティークの似合う暮らしーDrawer

英国 アンティーク Drawer オーナー ささきひとみ Official Blog

*

今日は、ちょっと私の気持ちを・・・・・

   

英国・コッツウォルズより、こんにちは〜🎵

明日は、ロンドンへ行きます。

明後日に、日経企業のお客様向けのアンティーク講座を開きます。

(ごめんなさい!こちらは、企業様向けで一般参加はできないものです。)

1回のみの講座で、アンティークのことをどのくらいお話できるか!! 

びっしり詰まった1時間半の講座です。

今日は、ウェブサイトのお客様からメールを頂いたことを、ずっと頭で考えていましたので、そのことを書かせてくださいね。

最近、Drawerのウェブサイトがどんどん、高級なものばかり扱うようになってしまった・・・・

というお話をいただきました。

ここ2年ほど、少しずつ、Drawerでは、高価なものも扱ってきているので、そう感じられたのは、うれしいことでもあり、

でも、手が出にくくなってしまった・・・と寂しく感じられてしまった気持ちも入ったお手紙でしたので、

私としては、そういうふうに感じられてしまったのだなあ、と寂しく思ってしまいました。

その方へも個人的にお返事をいたしましたが、

私はもともと、アンティークのことは、英国に住み始めるまでは全く、手にする機会などありませんでした。

今の英国人のパートナーのアンティーク&歴史好きから影響を受けて、少しずつ、アンティークの世界に引き込まれていきました。

もう、6年近く、アンティークのウェブサイトのお店を続けていて、最初の頃は想像もしなかったものを扱うようになりました。

自分でも、6年の間に、好みが変わっているのもわかりますし、やはり、お店ですので、売ることを前提にした選び方もします。

でも、好みが変わっても、私自身は変わっているつもりは全くなかったのですが、

外から見ると、全く違うと思われたりもするだろうなあ、とぐるぐる思ったりしてます。

・・・タイトル通り、今、頭でぐるぐる考えていることを、ここに書き出してみました。

結論は、これからも、変わらずに、素晴らしいアンティークをご紹介していきたいですし、

素晴らしいアンティークの中には、手が出にくい高級品もあれば、全くそんなことはない、でも、100年もの!というものまで、

幅広く、この目で選んでいきたいなと思っております。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!!!

(タイトル写真は、特にこの記事とは関係なかったですが、きれいなアンティークカードのコレクション。

今は集めているけれど、そのうち、ウェブサイトにアップいたします〜!)

 - 毎日の生活 ,