アンティークの似合う暮らしーDrawer

英国 アンティーク Drawer オーナー ささきひとみ Official Blog

*

バタフライハンドルのカップー蝶々がはばたくカップ

   

英国・コッツウォルズより、こんにちは〜🎵

本当に久しぶりのブログです。

8月、終わってしまいました。 

13歳の娘が、夏休みはひとりで日本に帰国していたので、なんだか、不思議な夏休みでした。

娘のいない夏休み・・・・。

最後の一週間、娘と夏休みを楽しんでいます。

DSC_8915

今月は、すこしウェブサイト新着アンティークが少なかったですが、バタフライハンドルのティーカップトリオをアップしております。

『ロイヤルアルバート・バタフライハンドルカップ』

とても人気のあるバタフライハンドルは、なかなか見つけるのが難しいお品です。

ハンドルを蝶々にするなんて、誰が考え付いたのでしょうね。

DSC_8907

お花のハンドルもありますが、バタフライのハンドルの方が、もっと探すのが難しいように思います。

絵柄は、何のお花か分かりますか?

DSC_8921

英国の野原に咲くお花・・・バターカップというお花です。

可愛らしい名前でしょう!

どうしてこんな名前かというと、本物のバターみたいに、よく見ると、キラキラ、テラテラと光っています。

花びらに光沢があるのです。

小さなバターカップのお花をあごの下に当ててみると、黄色く光るかどうかを見る、子供達の遊びがあります。

あごが黄色く光ったら、その人はバターが大好き!という意味だそう。

みんな光りそうなものだけれど、光らない人もいるそうです。(娘談)

ぜひ、今度試してみてくださいね〜〜。

 - 陶磁器カップ&ソーサー ,