アンティークの似合う暮らしーDrawer

英国 アンティーク Drawer オーナー ささきひとみ Official Blog

*

アンティークの本当の魅力を考える

   

英国・コッツウォルズより、こんにちは〜🎵

アンティークの陶磁器を扱うお店を続けて、6年ほどになります。

アンティークのお店をやっていますと、どうしても、少し欠けてしまっていたり、ヒビが入ってしまっているものが、売り物にならずに、手元にたくさん残っています。

・・・以前、著名なアンティークのディーラーさんも同じことをおっしゃっていて、自分も同じように、欠けている食器をたくさん持っていることを嬉しく思ったことが・・・・

(欠けた食器ばかり持っていることって、そんなに自慢にはならないのですが・・・笑)

004

最近はあまりにたまりすぎて、少しずつ処分してしまっています。

それでも、どうしても、どうしても、捨てられないものがあります。

200年も古い陶磁器。・・・でも、バラバラに割れてしまっているお皿。

006

割れてしまっているのだけれど、その割れたものを、また何とかしてくっつけているのがわかります。

こんなに細かく割れてしまっているのに、時間をかけて一つ一つをつなぎ合わせています。

大切なものでなければ、こんなに時間のかかることをしないでしょう。

そんなふうに大切にされて、割れてしまっても、まだなお大切にされたお皿を、愛おしく感じます。

007

カップは、写真のように、ホチキスで留めているみたい!!

すべて手描きの花柄と金彩の、本当に手の込んだ、時間をかけて作られた美しさは、ホチキスで留めてあっても、

ボンドでくっつけてあっても、健在です。

もう、このカップで紅茶は飲めなくても、大切にされた証がそこにあるようで・・・

壊れずに美しく残っているアンティークと同じくらいに、私にとって、ヒビがたくさん入って壊れてしまったカップ&ソーサーは、本当のアンティークの魅力が隠れているような気がします。

 - 陶磁器カップ&ソーサー ,