アンティークの似合う暮らしーDrawer

英国 アンティーク Drawer オーナー ささきひとみ Official Blog

*

ロココリバイバル・風景画のティー・コーヒーカップセット

   

英国・コッツウォルズより、こんにちは〜🎵

今日、ウェブサイトに新着商品をたくさんアップしております。

その中でも、もう、このようなお品はなかなか手に入らないだろうなあ、と思う、ティー・コーヒーセットとティーポットのセットがこちらです。

019 12.44.10

カップ、ソーサー、ティーポット、ミルクジャグ、砂糖入れ、・・・すべてに風景画がいくつも描かれています。

手描きです。

しかも、よく見ると、どの風景も少しずつ違います。

どれかとどれかは同じだろう・・・とパズル探しのように探してみましたが、本当にどれも違うのです!

017 12.44.10

こちらは、コールポートの1840年代のお品です。

なんとも言えない、紫色が混ざったような、ピンク色の間に、風景画が描かれています。

どの風景画にも共通するのは、背の高い松のような?木が絵柄の中に入っていること。

そして、水辺がある絵が多いです。

コールポートのお得意の絵柄だったようです。

024 12.44.10

金彩も、あまりにも均等に描かれているので、印刷?と思ってしまいそうですが、

よーーーく、模様の形や長さなどを見比べてみると・・・・均等ではありません。

すこーしずつ、形が違う!!!

ということは、全部手描きということです。

風景画を描いた人もすごいですが、

仕事としては、金彩をつける仕事(ギルダーと言います)が、一番偉い!というか、賃金が高い仕事でした。

最後の仕上げの仕事ですし、

やはり、均等に描き切る!のには、かなりの技術が必要なのでしょうね。

027 12.44.10

ティーポットとポットスタンドです。

猫足が付いていて、アカンサスの葉で飾られています。足の部分にも金がたっぷり!!

どこを見ても、落ち度のない、すばらしいアンティークです。

なぜか、ポットスタンドだけは、絵柄がかなりすり減っているのがわかります。

他は、驚くほどの美しい状態なのですが・・・・

逆に、こう考えることもできます。

ポットスタンドがすり減っているということは、かなり、ポットは使われていた時代がある、ということ。

なのに、ポットがあまりにも綺麗な状態ということは、それだけ、大事に、大事に使われていたからではないでしょうか。

使っていたのに、欠けもなく、貫入もなく今まで使われてきたということは、本当に、神経を使って大切にしないと、なかなかできることではありません。

幸せなティー・コーヒーセットですね。

ウェブサイトでは、新しい商品を最初の1週間に限り、早割料金で割引価格にさせていただいております。

こちらのセットも早割料金がついております。

ぜひご覧くださいませ〜。 『ロココリバイバル・手描きの風景画のティー・コーヒーカップセット』

 - 陶磁器カップ&ソーサー ,