アンティークの似合う暮らしーDrawer

英国 アンティーク Drawer オーナー ささきひとみ Official Blog

*

まぶしい金彩・ロココリバイバルのティーセット

   

英国・コッツウォルズより、こんにちは〜🎵

日本帰国まであと一週間となりました。

講演会、お会いできる方々、楽しみにしております〜🎵🎵🎵

今日は、また、豪華絢爛のティーセットが、ウェブサイトに登場予定です。

1830年代、ロココリバイバルのお品となります。

009

金彩の中に、手描きで描かれたお花たち。

まぶしくて、目を瞬かせてしまいそうなティーセットです。

今、今月の雑誌の記事も書いているのですが、テーマは、『ハンドペイント』=手描き。

1800年初期の磁器は、たくさんのテーブルウェアを手描きで描いていました。

まだ大量生産が始まる前の時代の話です。

丁寧に手間をかけて作っていた時代。

008

手描き職人の仕事は、金彩職人の次にお給料が高いお仕事でした。

アンティークの陶磁器を見ていますと、やはり、手描きのものでも、稚拙なもの、緻密で繊細なもの、

色が鮮やかで美しい物、まだ練習中?かなと思われるもの、、、などなど、さまざまです。

メーカーには、何人もの手描き職人がいましたが、やはり、ベテランになると、名前もあり、

中には、珍しく、カップ&ソーサーに手描き職人のサインが付いているものもあるくらいです。

007

こちらのティーセットは、本当に珍しいティーポット、ポットスタンドもついている貴重なセットとなります。

ティーポットはまるで新品のように美しい状態です。

新着商品アップは水曜日です。

気になる方は、ぜひメッセージをくださいませ。

 - 陶磁器カップ&ソーサー ,