アンティークの似合う暮らしーDrawer

英国 アンティーク Drawer オーナー ささきひとみ Official Blog

*

ヴィクトリア時代のマフィンディッシュ

   

英国・コッツウォルズより、こんにちは〜🎵

『マフィン・マン』・・・ヴィクトリア時代の英国の詩の中に出てくる言葉です。

(アンパンマンみたいなキャラクターも、ふーーっと頭の中をよぎりましたが・・・)

そうではなくて、マフィンを売り歩く男の人のことです。

写真は、ヴィクトリア時代のミントンのマフィンディッシュ。

3001

よく、シルバーやシルバープレートのマフィンディッシュを見かけます。

銀製品のものは、蓋をあけると、皿に一枚のふたのようなものがかぶせてあったり、

湯たんぽのように深皿が閉じたようになって、中が空洞になって、底にコルクで止めた穴が空いていたりします。

このようなものは、お湯を入れて、マフィンが冷めないようになっているものです。

お写真の品は、陶器で出来た珍しいもので、中にお湯を入れる機能は付いていません。

蓋をしめて、保温を助けるというものですね。

ヴィクトリア時代、たくさんの食品などの家へのデリバリーシステムが発達していました。

マフィンマンもその一人で、イングリッシュマフィンをデリバリーする人のことを指しているのです。

english-muffin-300x200

ヴィクトリア時代のマフィンはこんな感じです。

マフィンというと、カップケーキのようなものを思い出しますが、イングリッシュマフィンのことですね。

ケーキではなくて、パンのようなものなので、朝にデリバリーをしていたのかしら〜。

3003

こんなドーム型のマフィンディッシュから、ほわーーっと、暖かいマフィンで朝食。

なんだか、素敵な1日が始まりそうです🎵

 - 陶磁器テーブルウェア ,