アンティークの似合う暮らしーDrawer

英国 アンティーク Drawer オーナー ささきひとみ Official Blog

*

ため息の出るスターリングシルバー・バターディッシュ

   

英国・コッツウォルズより、こんにちは〜🎵🎵🎵

蓋つきのスターリングシルバーのバターディッシュです。

全体に透かし細工が施されており、擦りガラスのボールがはめ込まれています。

なんて優雅なバター入れでしょう。

英国には、バターは中世の時代からありました。

バターを作る機械を、”バターチャーン”と言います。

アンティーク屋さんでは、今でもヴィクトリア時代から、1900年初期のバターチャーンを見かけることがよくあります。

よく、シルバーティーセットなどの砂糖入れが異常に大きいのは、砂糖を持っていることがステータスシンボルになったので、

『こんなに砂糖を持っている家なのよ〜』ということを誇示するために、砂糖入れも大きいのですが、バターはそういうわけではなさそうです。

くるんとカールさせたバターを入れて、サーブされていたのかしら。

こちらのお品は、ヴィクトリア時代初期の1842年に作られました。

まだアフタヌーンティーの習慣が始まったばかりの頃です。当時、どんな風にテーブルに飾られていたのでしょうね。

バター入れとしてはかなり大きめなので、マカロンを入れて見ました。

蓋付きなので、ビスケットなども入れておけますね。

ウェブサイトの掲載ページはこちらになります。

『ヴィクトリア時代初期・スターリングシルバーのバターディッシュ』

ほぼ毎週、メールマガジン・『楽しくアンティークを学ぼう!』を発行しております。

登録しますと、メールでDrawerの新着アンティーク情報や、コッツウォルズでのアンティークとの生活、アンティークを学べる情報などのメールマガジンをお送りいたします。

ぜひ登録して見てくださいね!

 - シルバー, その他 , ,