アンティークの似合う暮らしーDrawer

英国 アンティーク Drawer オーナー ささきひとみ Official Blog

*

生まれて初めての!コッツウォルズ着物ツアー

   

英国コッツウォルズより、こんにちは〜🎵🎵🎵

タイトルに、”生まれて初めて!” なんて大げさにつけてしまいましたが、

大げさに言いたくなるほど、かなり興奮冷めやらない楽しいツアーでしたので、こんなタイトルにしてしまいました。

名古屋の”佐織きもの”の佐織さんと、

ご友人で、シュガークラフトの先生の白砂さん (「Tomoko Shirasuna SUGAR ART GALLERY」主宰

とご一緒して、お着物ツアーに同行いたしました。

こちらは、どこでしょう?

バイブリーのアーリントンロウ。

この場所で、着物で撮影していただけるなんて、なんだか、不思議な気分。

日本でも、着物は結婚式などでしか着ることはありませんでした。

英国を、着物で歩く・・・・楽しかったです。

たくさんの方に声をかけていただき、”日本代表”になった気分!?

それも、この”佐織きもの”・・・・ただの着物ではありません!!

帯のトランプ柄や、着物のハートや♠️!!

佐織さん、大の不思議の国のアリスファンで、アリスのお着物をデザインしてしまったのです。

今回着せていただいた置物は、みな、アリスのキャラクターが付いていたり、刺繍されていたり、

英国にちなんで、ユニオンジャックだったり。

たくさんの方々に、”写真を撮っていいですか?”と言われて、モデル気分も味わえます!

写真は、クライストチャーチの回廊で。

今回のツアーは、題して、”着物で、不思議の国のアリスに会うツアー”でした。

オックスフォードからスタート。

写真は、ホテルでの一枚。英国の格式あるホテルに、お着物、似合います。

クライストチャーチは、アリスファンには必見です。

クライストチャーチの教会の方に頼んで、秘密のドアの中も見せていただきました。

(これも、不思議の国のアリスの着物を着ていたおかげ!!)

クライストチャーチで教鞭を取っていたルイス・キャロルが、不思議の国のアリスの話を、校長の娘アリス・リデルに聞かせてあげたと言われる
教会の庭がそこにありました。

ルイスキャロルを辿って、向かったのは、きっと、あまり知られていない”チャルムリー城”(Cholmondeley castle)。

ドライバーさんにも、聞いたことがないと言われました。

ルイスキャロルは、このチャーモンドリー城の近くの、チェスターの近くで生まれており、このお城も訪ねたことがあり、

不思議の国のアリスのイメージも、幼少期のお城での思い出が影響を与えていたのではないかと言われているそうです。

実は、このお城。私たちが訪ねた日は、お休みの日!! せっかく訪ねたのに、が〜〜〜ん! ・・・ショックを受けていたところ。。。

お城のすぐ横にあったファームショップに立ち寄ったところ、お城で働いている方がやってきて、

なんと、お休みというのに、中に入れてくださいました!!!

だから、”貸切状態!!”で、中を見ることができて、大興奮!

不思議の国のアリスの世界が広がっているようなお庭と、お城。

そして、チェスターの近くの村”ダーズベリー”は、ルイスキャロルの生誕地。

この村にある オールセインツ教会に、近年にオープンした”ルイスキャロルセンター”があります。

教会のセンターはとても小さいものでしたが、アリスの可愛らしい雑貨が売っている小さなお店がありました。

そして、村の中に可愛らしいティールームも発見!!

こちらで、ゆっくり、アフタヌーンティーもいただきました!

佐織さん、白砂さんは、昨年の名古屋のアンティークのお茶会に参加してくださり、そのご縁で今回ご一緒させていただきました。

また、名古屋でもお会いできますように!!

本当に、楽しい旅をどうもありがとうございました。

メールマガジン・『楽しくアンティークを学ぼう!』 をほぼ毎週1回発行しております。
ぜひ登録してみてくださいね!

 - ツアー ,