アンティークの似合う暮らしーDrawer

英国 アンティーク Drawer オーナー ささきひとみ Official Blog

*

金沢での初めてのイベントー  2019年11月

   

英国・コッツウォルズより、こんにちは〜♫♫♫

楽しかった日本の秋の思い出を、写真を見ながら振り返ってきます。

毎年、今の時期、忙しかった年末が過ぎ、1年で一番静かな時かもしれません。

ぼーっとしている時間もある。(・・・日本のドラマなどを見ている時間もあるし・・・実は、バラエティ番組も大好きだし、ドラマっ子世代です!)

 

11月、金沢で初のイベントを開催いたしました。

金沢に行ったのは2度目だったのですが、最初に行った時には素敵なお食事会とお茶会で美味しいものを頂いたのですが、観光はしていなかったので、今回のイベント会場が観光地にあるということで、ちょっと楽しみにしておりました。

 

朝の会場近くの様子。 会場は東山茶屋街の裏手の道にありました。

ピッカピカの青空!!!

・・・と思いきや、お話会の途中ですごい雷がなって、雨が降りました。

知らなかったのですが、金沢は雷が多いことで有名だそう。

なんだか、こういう古い街並みに雷・・・風情があります。(ゴロゴロ大きな音が鳴り響いてちょっとびっくりでしたけれど)

 

 

ここが会場の入り口です。

素敵な場所でしょう。中は、木で出来た階段でギシギシとなるので、重たいものを2階に持っていくのはちょっと怖かったのですが・・・

今回一緒にイベントを作ってくださった、Sally紅茶教室の竹松先生と、紅茶専門店・銀の芽のオーナーさんであり、紅茶専門家の島田枝里先生のアシスタントさんたちがチームワークで手伝ってくださり、本当に助かりました。

(竹松先生、島田先生とも、ブログに今回のイベントについて書いてくださっております。お名前の部分をクリックすると、ブログを見ることが出来ます💕)

そのおかげで、真っ赤な毛氈が敷き詰められた素晴らしい会場が出来上がり、床の間にアンティークを飾って、会場の出来上がり!!

手伝ってくださったみなさま、本当にどうもありがとうございました。

みなさん、楽しそうに手伝ってくださり、本当にチームで作り上げることは楽しいなあ、と改めて思うことが出来ました。

 

準備中。

こんな感じで、あちらこちらにアンティークだらけ。すごいことになっています。

チームの皆さんと!

この後ろに写っているお着物は、北陸地方特有の婚礼の時に使う”のれん”で、『花嫁のれん』と呼ばれるものです。

参加されたみなさんも、縁起が良いということで、花嫁のれんの前が写真撮影スポットとなってました💕

 

 

 

出来上がりは、こんなに素敵になりました!

 

このイベントは、和と洋のコラボレーションをテーマにしました。

日本の美しい建築や伝統が残っている金沢でイベントをやるならば、ぜひ日本らしさと英国のアンティークが一緒になるイベントをしてみたいと思いました。

それが実現できて、本当に嬉しいです。

 

たくさんの方々に集まっていただきました。本当にどうもありがとうございました!

 

 

お話を聞いてくださった後には、お茶の時間。

素敵なスポードのティーカップを用意してくださいました。

お菓子も、お話の前には、和菓子(とーーっても美味しい金沢の老舗の和菓子やさんのもの!)、そして、お話の後には、英国からのお菓子。

 

イベント終了後は片付けで、夕方になってしまったのですが、少しだけ、東山茶屋街を一人で歩いてみました。

 

 

楽しいひと時だったなあと、思い出しています。

またぜひ行きたい町です。

 

 

 

===============================

ロンドンにて、1月30日にアンティークのお話会を開催いたします!!

「2冊目出版記念! 第3回 ささきひとみアンティークレクチャー@優美ロンドン」

お申し込みはこちらから!!

 

 - 日本滞在記 ,