アンティークの似合う暮らしーDrawer

英国 アンティーク Drawer オーナー ささきひとみ Official Blog

*

コッツウォルズの外れの村の秘密のお花畑へ

   

英国・コッツウォルズより、こんにちは〜♫♫♫

今年は少し早めにブルーベルの季節がやってきました。

家のある村は、ブリードンの丘の麓にあります。この丘には村から歩いて登れるのですが、この丘に行く途中に、秘密のお花畑があります。ブルーベルのお花畑です。

 

村の教会を抜けると丘へ続く道があります。お兄ちゃんと娘と3人でGO!!

 

森まで、結構な距離があります。途中の大きな、大きな木。

この木は、トチノキ。英語では、ホースチェスナッツと言います。

 

こんなきれいなお花が咲いていました。チェスナッツという名前の通り、栗みたいな実が秋になります。

日本ではとち餅にして食べますが、イギリスではあまり美味しくないからか、食べません。でも、あちらこちらでよくみる木なので、

子供達の遊び道具として昔から使われていました。

 

 

所々にもブルーベルが咲いていました。自然に増えていくのかな。ブルーベルは球根の植物ですが、どうやって広まっていくのだろう。

 

 

見えてきました。写真の奥の方に見える、木がモコモコと茂っているところ。あの中に秘密の森があります。

家から結構距離がありますが、行って帰ってくると1時間半くらいかしら。ちょっと長いお散歩コースという感じです。

坂があるので、かなり良い運動量です!

 

森に入ってきました。まだ葉っぱが出てきていない木々の間に、ヤドリギが育っているのが見えますね。

 

 

小さな小川が流れています。ぴょんと飛び越えられるくらいの小さな川なのですが・・・

 

 

こんな可愛らしい橋が!!

 

この橋の周りには、つくしも生えているんです。水がきれいな証拠かしら。

日本のものよりもずっと巨大なので、ちょっと怖い感じ。

 

この写真は、ブルーベルを見に行った日ではなく、その10日くらい前の写真です。ブルーベルを見に行った日には、つくしが終わって、スギナがたくさん出てきてました。(やっぱり、つくしが大きいので、スギナも巨大だった)

 

見えてきました!!!!!

誰もいない。今、このような状況なので人がいない、というのではなく、いつも、毎年、こんな感じです。

いい香りがしてくるのです。甘い香りです。

 

この一角だけ、群生しています。紫がいっぱいに広がっています。

 

本当に可愛らしいお花です。ベルの形は、シシリーメアリーの妖精が帽子にしてかぶっていますね。

こんなお花畑の真ん中にいると、絶対に妖精はいる!と信じる、イギリス人の気持ちがよく分かります。

 

もう4月も終わりになってしまいました。もうブルーベルも終わりになってしまいました。

お散歩に行ったのは4月15日です。ブルーベルさん、また来年会いに行きますね♫

 

Drawerの春のアンティークセール、4月30日までです。(英国時間の30日まで!)

ぜひ、遊びに来てくださいね〜♫

 

 

 - 毎日の生活 , ,