アンティークの似合う暮らしーDrawer

英国 アンティーク Drawer オーナー ささきひとみ Official Blog

*

ジャスパーウェアふうのティーポット

   

英国・コッツウォルズより、こんにちは🎵

『ジャスパーウェアふうの』・・・と書きましたのは、こちらのティーポットは、ウェッジウッドのものではないからです。

4009

きっと、こちらのティーポットをパッと見て、”ジャスパーウェア”かな?

または、”ウェッジウッドのものね!” と思われた方が多いと思います。

こちらのティーポットは、コープランドのお品になります。

4008

”コープランド・スポード” という名前で呼ばれていることが多いのですが、

こちらのお品は、スポードがつかない、”コープランド”の時代のお品です。

スポードというメーカーは、英国陶磁器メーカーの中でもとても古いメーカーで、

ジョシュア・スポードが1776年に創業してました。

ジョシュア・スポードが1797年に亡くなった後に、息子で、同じ名前のジョシュア・スポード2世が後を継ぐのですが、

この時に、ウィリアム・コープランドとパートナーシップを組んだために、この時から、『コープランド・スポード』と呼ばれるわけです。

ただ、その後、ジョシュア・スポード2世が1826年、そして、ウィリアム・コープランドが、1833年に亡くなります。

そして、その後を継いだのが、ウィリアム・コープランドの息子のウィリアム・テイラー・コープランドですので、

スポードの名前がここから消えてしまうのですね。

実は、またさらに複雑なのですが、このウィリアム・テイラー・コープランドさんは、(・・・急に”さん”つけ・・・)

今度は、トマス・ガレットさんとパートナーシップを組みます。

ですので、1833年からは、『コープランド・ガレット』という名前に変わります。

まだ、この先の歴史もあるのですが、・・・・ここのところでやめておきましょう。

・・・スポード、コープランドに関わらず、こうやって、陶磁器メーカーはくるくると名前が変わったり、

短い間に売却されてしまったり・・・を繰り返していますので、

陶磁器メーカーの歴史を見ると、とても複雑です。

でも、そこがまた、色々なストーリーが隠れていて、面白いところですね。

また、こんな歴史のお話、これからもしたいと思います。

 - その他, 陶磁器テーブルウェア